読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

イノブログ

主にはてなブログ関連の記事を書いていますが思いつきでニュースやブログスキルアップなどの記事も書いているブログです。

ブログにアクセスを集める方法として「バズはいらない」があっているのか?

f:id:inoblog:20160620220533j:plain

ブログでアクセスを集めるのは、収入を得たい人も人気になりたい人も変わらず必要なことです。

 

しかしブログにアクセスを集める方法としては、検索エンジンからのアクセスと「はてブ」などが多くついて一気に拡散する「バズ」と言われる方法があります。

 

どちらの方法でもアクセスを集めるには大して差はないと思われがちですが、バズは一時的なものと解釈されているので、バズがいるのかどうかを判断してもらうべく少し書いていきますね。

 

バズがいらないのはアクセスが増えるだけだから?

バズらせたいと願う人も少なくはないと思いますが、そのほとんどはブログで収入を得たいのではなく、人気になりたい人がほとんどでしょう。

 

なぜならそもそも「バズ」は、はてなブログで言うと「はてブ」が短時間でついて一気に拡散することなので、その記事の内容よりまず「はてブ」の多さに食いついてくる人が多いからなんですね。

 

アクセスは増えますが、即効性がある反面もって2日ぐらいのものですから、バズがいらないと言う人がいてもおかしくはないでしょうね。

 

バズらせるのは意外と難しいのに見返りなし?

「バズ」は「バズる」、「バズらせる」という使い方が一般的ですが、バズらせるのは意外と難しいです。

 

記事を更新する時間も考えないといけませんし、何より目を引くタイトルや記事の内容が必要になってくるからなんですよね。

 

深夜に記事を更新したところで、バズは起こせません。それは先ほども書いた通り短時間で「はてブ」が付かないといけないから。

 

アクセスが増えるという見返りはあっても、アドセンス広告を貼っている人からすると単価が低くなってクリック率も下がるという事があるので、収入メインでの考えでは見返りはなしです。

 

アクセスが安定しないなら「バズ」はいらない?

アクセスを集める方法を確かめるのは、記事を更新してみないことには「バズる」かどうかもわかりません。

 

しかし「バズ」ってもアクセスが安定しないなら、いらないと思います。

 

一方で検索エンジンからのアクセスは情報を知りたくてブログに訪問されているので、アクセスは安定します。どちらがいい?と聞かれても「バズ」はいらないと答える人は、検索エンジンからのアクセスが安定するのがわかっているからでしょう。

 

アクセスを集める方法に正しい、間違いはないけれど

ブログにアクセスを集める方法は「バズ」でも検索エンジンからのアクセスでも、それが正しい、間違いはないです。

 

気にしても簡単には「バズる」ことはできないから、気にせずブログを書き続ければいずれアクセスは増えていきます。

 

僕は「はてなブログ」を始めて半年でようやくアクセスも安定してきました。

www.inoblog48.com

 

継続してブログを書けば「バズはいらない」

ブログを継続して書いていくのが一番のアクセスを集める方法だと、先日書かせていただきました。

 

継続して書いてると、時には「バズる」ことがたまには出てくるかもしれません。でもそこでアクセスを集める方法を決めてしまうのは失敗に繋がりやすいです。

 

僕ははてなブログを始めた頃に一度少しバズりました。1日に3000アクセス程度でしたが、それはビックリでした。

 

でもそこから変にブログをどう書いたらいいのかわからなくなりましたし、継続してブログを書くのには、今思い返すと「バズ」は邪魔でした。

 

ブログにアクセスを集める方法として「バズはいらない」があっているのか?をまとめます

ブログにアクセスを集める方法は、一時的にアクセスを増やしたいなら「バズ」狙いで記事を書いて、安定させたいなら検索エンジンからのアクセスを考えて記事を書くことです。

 

結論から言えば僕は「バズはいらない」と思いますし、ブログで稼いでいきたいと思っているのでなおさらですね。

 

どちらを選んでもアクセスは集めることができますが、記事を書かないと体感できないのでそれからです。

 

 

いつも最後まで読んで頂きありがとうございます!

ではまた。