読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

イノブログ

主にはてなブログ関連の記事を書いていますが思いつきでニュースやブログスキルアップなどの記事も書いているブログです。

30代の男性型脱毛症「AGA」は回避できない?遺伝が関係している?

AGA 悩み

f:id:inoblog:20160620101544j:plain

30代に突入すると将来不安やストレスなどで、薄毛に対する悩みが絶えなくなってきますよね。できることなら薄毛にはなりたくないものです。

 

しかし男性型脱毛症「AGA」は特に30代~50代に多く発症されると言われています。

 

僕の親はハゲてるからいつかは自分もハゲるのではないかと、10代の頃から遺伝が関係しているのでは?と感じていましたが、30代になれば「AGA」の進行は回避できないけど予防はできるようです。

 

数多くある情報の中で何が正しいのかわかりませんが、本当に「AGA」が回避できないのか?遺伝が関係しているのかを考察していきます。

 

30代が男性型脱毛症「AGA」と言われても仕方がない?

僕は30代になって急に髪質が変わったり、薄くなったと言われて始めはショックでした。

 

でも年齢を重ねるごとに薄毛になっていく症状のことを、男性型脱毛症「AGA」というので病気ではないです。

 

「AGA」という言葉は聞くことはあっても、よく知らない方は少なくないですよね。

 

関西弁で言うと「お前って30代になってAGAやんなぁ~?」って言われても「何が?」で終わりますが、「お前って30代になってハゲてきたやんなぁ~?」と言われれば「やかましわい!」となります。

 

関西に限らず30代が薄毛に気になっているなら「AGA」と言われても仕方がないです。

 

ハゲてきてるのに「まだ大丈夫やから」と言われる方が恥ずかしい

僕は30代に突入する前から薄毛の予兆はありましたが、自分から「親の遺伝やしハゲるよぉ~」と友人や、いきつけの美容師さんに言ってました。

 

でもハゲてきてるのに「まだ大丈夫やから」と言われるのって、ベテランの芸人が鉄板のネタをやって、誰一人として笑わん(笑わない)ぐらいにスベってるんですよね。

 

「まだ大丈夫やから」って言われる方が変に恥ずかしいし、それならいっそ「ハゲてきてない?(AGAじゃない?)」と言われる方が数倍マシ。

 

気持ちの問題じゃない遺伝の問題

30代じゃなくても男性型脱毛症「AGA」になりますが、要するに「ハゲる」のはストレスとか男性ホルモンのバランスが原因と言うのが一般的ですよね。

 

その辺を言い出すと、テストステロンかなんか横文字の関西人が嫌いな話になるからしません…。

 

でも遺伝の問題は少なからずあるようです。男性は母親に似るとか言いますけど、髪質もどちらかに似るみたいです。

 

遺伝は回避できない

当たり前ですよね。遺伝を回避することなんて不可能です。親が「AGA」ならば子も「AGA」になる確率は高い!

 

遺伝は回避できないけど生活習慣を変えれば多少は「AGA」を遅らすことができるんです。かなり気休め程度ですが…。

 

薄毛に悩むなら医者にいった方がいい?

何でもかんでも医者にいったら大丈夫みたいな「昭和のおかあさん」みたいな発想では薄毛の進行を止める事はできないでしょう。

 

でも医者にいって自分にあった治療方法や、薄毛の悩み診断を受けるのは正しい判断でしょうね。育毛剤とかで頑張ってる人もいますが、ちまちま試すお金があったら医者にいって確かなことを聞くことです。

 

お金がかかるから無理!と思うなら小手先で回避できると思わない

「AGA」を回避するのにお金がかかるから無理!と思っている人は、まず薄毛を回避するのは無理でしょうね。

 

ブログに例えるなら、「無料ブログで1週間で100万稼げる」みたいな怪しい情報商材レベルです。

 

本気で男性型脱毛症を回避したいならお金のことは気にしない事ですし、ヘタに小手先で回避できると思わないことです。

 

30代の男性型脱毛症「AGA」は回避できない?遺伝が関係している?のまとめ

何事も予防が大事だと色々薄毛について調べてみましたが、結果的に遺伝が関係しているのなら「AGA」を回避するのは難しいですね。

 

横文字の詳しい説明なんて本気で治したい人は、医者に相談すれば解決できるでしょう。

 

お金の高い安いではなく男性型脱毛症になる確率が高い遺伝子を持ってる人は、30代になってからでなくとも予防や医者に相談しましょう。

 

なんかのCMみたいですが、この辺で。

 

 

30代の男性型脱毛症「AGA」は回避できない?遺伝が関係している?を最後まで読んで頂きありがとうございます!