読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

イノブログ

主にはてなブログ関連の記事を書いていますが思いつきでニュースやブログスキルアップなどの記事も書いているブログです。

会社を辞めてブログを複数更新してみて感じたことや思ったことまとめ

ブログスキルアップ ブログ記事の書き方

f:id:inoblog:20160610220019j:plain

 

会社を辞めてからブログを一人で複数更新してみました。複数更新したといっても1日に5記事です。

 

プロのブロガーの方からすると1日に5記事は少ないのかもしれません。初心者の僕からすると始めての複数更新だったので疲れもありますがそれより感じたことの方が大きいと思ったので2016年6月10日を記録と記憶に残せるように書き残します。

 

ブログを複数更新するために必要なこと

ブログを複数更新するためには、まず更新する「時間」が必要です。サラリーマンや主婦の方なら時間を作るのが難しいかもしれませんが、1記事にかかる時間がどれだけかかるのかを把握できれば複数更新はできます。

 

僕は1記事に大体1000~2000文字の間でブログを更新しているので、ブログネタや画像作成などを含めると2~3時間は使っていますね。

 

時間はブログに集中すればあっという間に過ぎてしまいます。他に無駄な時間が1分でもあれば見直した方がいいですよ。

 

記事を更新するスピードは毎日更新から学べる

記事を更新するスピードはブログを毎日更新すれば嫌でも早くなります。

 

僕は会社を辞める前も毎日更新を欠かさずに継続しました。そうすることで日々ブログの更新スピードは早くなっていますし時間も作れるんです。

 

でも適当な記事ばかり書いても意味がないので、例え時間がなくても自分で決めたルールは崩さないようにします。

 

毎日更新から学べるのは更新するスピードだけではありませんがブログ複数更新に慣れるためには、まず心がけないと1記事も更新できなくなり複数更新どころの話ではなくなるので注意しましょう。

 

1日に複数更新すればアクセスはどうなるのか? 

僕が一番気になるポイントだと思ったのは、1日に複数更新すればアクセスはどうなるのか?ということでした。

 

合計で1日5記事書いきましたが、普段は1~3記事書いています。アクセスは倍ぐらいになるのかな?と感じていたけど5記事の中の1記事は当たりました!

 

当たったと言えるほどでもないのかもしれませんが、キーワード選定も自分なりに見極めて書いた記事がいつもより当たったので複数更新する意味が何となくですが理解できましたよ。

 

複数更新した甲斐が残るような書き方でないと書いている意味はないんだなと感じましたし、人に読ませる記事の書き方も1日1記事ではアクセスも集まらないと身を持って知ることができてよかったです。

 

限界を作ると複数更新できない?

たとえブログが1記事しか書けないと思っていてもそれが限界だと思えば複数更新はできません。

 

それが2記事でも3記事でも同じことが言えます。限界なんて自分で決めるものではないと改めて感じましたし、書ける時に書いたことを思い出したりしてできるだけ視野が狭くならないようにしないと難しいものがありました。

 

諦めたらそこでブログ終了ですよ?(スラムダンク安西先生名言パクリ)

 

 

会社を辞めてブログを複数更新してみて感じたことや思ったことまとめ

アクセスアップも1記事更新より複数更新の方が上がりますし、なにより複数更新できたという自信が付きました。

 

なので複数更新をためらっているならチャレンジしてみることですし、一回複数更新してみれば感じることも思うこともあると思います。

 

それがこれから複数更新する人のためにも役立ちます。この記事も自分の記録と記憶のために書いていますが、誰かの役に立てれば幸いです。

 

しかしホント疲れたのでゆっくりお風呂に入って身体を休めます!

 

いつも最後まで読んで頂きありがとうございます!

ではまた。