読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

イノブログ

主にはてなブログ関連の記事を書いていますが思いつきでニュースやブログスキルアップなどの記事も書いているブログです。

V6岡田園長のひらパーでの暴走に過去の体験を足してみた!

V6岡田准一

f:id:inoblog:20160501181613j:plain

 

V6の岡田准一さんが「超ひらパー兄さん」としてひらパーを盛り上げてくれているおかげで来場者数も100万人を超えて園長として延長?グッズもかなり人気があるんです。

 

岡田准一さんの地元愛が感じられてひらパーも園長の暴走によってさらに楽しい遊園地になる事が期待されます。

 

超ひらパー兄さんの暴走に少し僕の過去の体験を少し足して書いていきますね。

 

超ひらパー兄さんおすすめのアトラクションは?

f:id:inoblog:20160501183148j:plain

 

超ひらパー兄さんの暴走した影響がかなりありますが、普通の観覧車を「ロシアン観覧車」として10台に1台が外が見えない作りになっているんですね。

 

こちらの記事にも詳しく書いています

www.inoblog48.com

 

 アトラクションの中で観覧車は遊園地を一望できるおすすめのアトラクションなのにそれを斬新なスタイルで超ひらパー兄さんのおすすめアトラクションになっています。

 

 ひらパーでおそらく一番であろう体験

ここからは僕の過去の体験を書いていきますが、当時僕が小学校の時におそらく一番であろう体験をしたので、参考になるか分かりませんが読んでみてください。

 

ひらパーの人気アトラクションの一つでもあるジェットコースターの「レッドファルコン」での話になるんですが、僕はレッドファルコンに15回連続で乗った経験があるんです。

 

レッドファルコン

f:id:inoblog:20160501185304j:plain

 

始めは「どこが一番乗っていて面白いのか?」という小学生の頃にありがちな探求心でレッドファルコンに乗りはじめたんです。

 

車両も多いので結果15回連続にはなりましたが、僕の体験から言うと乗る車両によってスピードが速く感じられるか、負荷が感じられるかに分かれました。

 

スピード重視なら一番前がいい!

レッドファルコンで一番前に乗れる確率は人気があるので低いと思いますが、一番前に乗ればどの場所よりもスピードが速く感じる事ができます。

 

しかも一番前なので目の前に広がる景色も一番というおまけつきです。

 

負荷?重力?を感じたいなら一番後ろ!

先ほどとは逆の一番後ろは一番最後に坂を下るので一瞬引っ張られるような感覚になります。

 

それを負荷というのか重力というのかはよくわかりませんが、引っ張られる感覚が終わったと思えば坂をのぼる時には押さえつけられるような感じになります。

 

「おまけ」真ん中はどうなの?

レッドファルコンの一番前と一番後ろでは違いがわかりやすいのですが、正直いって真ん中はどちらとも言えない感じでした…

 

乗った人にしかわからない何とも言えない感じを味わいたければ真ん中あたりに乗ってみてください。

 

どの場所に乗るにもひらパーのスタッフに言えば次に回してもらってでも座りたい場所に座れるので、僕みたいに15回連続では乗る人はいないと思いますが、違いを感じてみてはいかがでしょうか?

 

V6岡田園長のひらパーでの暴走に過去の体験を足してみた!のまとめ

超ひらパー兄さんの岡田准一さんが園長でいる限りはひらパーもこれから盛り上がるでしょうし混雑する事が予想されますが、あくまでひらパーは元枚方市民からすると多きい公園感覚で行っていた場所なので、個人差はありますが十分面白いテーマパークですよ。

 

園長の暴走もこんなもんじゃなさそうですしね…どうなるのか楽しみですね。

 

 

V6岡田園長のひらパーでの暴走に過去の体験を足してみた!を最後まで読んで頂きありがとうございます!

ではまた。