読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

イノブログ

主にはてなブログ関連の記事を書いていますが思いつきでニュースやブログスキルアップなどの記事も書いているブログです。

危機感がないと説得力も半減される?はてなブログProに変えた心境と決意

思いつき ブログスキルアップ アドセンスの話

f:id:inoblog:20160219115058j:plain

 

無料ではてなブログを始めて70日目でようやく「はてなブログPro」に変更する事となりました。

 

 

これまで色んな葛藤がありましたが「危機感」があったからこそ有料に変えました。正直借金は増えたのですが、絶対に取り返す事と、もっと自覚をもってこれからも良い記事作りをしていきます。

 

  

やはり無料ブログでは楽しむ事はできても、家族を幸せにはできないと感じましたので、有料に変えようと思った事を少し書いていきます。

  

f:id:inoblog:20160219151648j:plain

 

危機感がないと説得力もなくなる?

 

無料ブログで稼いでいくのは無理ではないですが、かなり遠回りな選択なんだと気づきました。

 

 

危機感がなくても十分ブログで稼いでいる方はいますが、いつ自分に何が起きるかなんてわかりません。

 

 

これから何年生きられるか分かりませんが、生きている以上は人生を楽しんでいきたいですよね?

 

 

でも楽しくても自分に自由がなければ家族との時間って限られます。

 

 

僕も今現在は仕事ばっかりで休みもほとんどない状態で家族との時間なんてありません。

 

 

そんな状況の方はたくさんいるでしょうし、そのままの生活をしていても楽しいといいながら楽しめていないのが現実ですよね。

 

 

危機感って一つの形ではないと思うのですが、無料ブログでこのまま更新したところで全く意味がないって事です。

 

 

無料ブログの人がどれだけ稼げます!と言ったところで有料で稼いでいる人の説得力には勝てませんし、情報も入りやすいんですよね。

 

 

無料ブログが悪い訳ではないんですが、お金を稼いでいくにはリスクを背負う事も大事だという事がわかりました。

 

 

心境の変化があったのはアドセンスを取得できたから? 

 

僕の感覚ではブログで記事を毎日書いて勉強していれば、いずれアクセスが増えて収入も少しづつ増えていくものだと思っていました。

 

 

でもそんな簡単なら誰しもがブログで稼げていますよね。

 

 

アドセンスを取得するのも一苦労ありましたし、アドセンスを取得して半月ぐらいかかりましたが、無料でやっていてもお金なんて微々たるもんしか入ってきませんよね?

 

 

無料だとスマホでアドセンスが貼れないので、その時点で稼げませんよね…

 

inoblog.hatenablog.com

 こちらにも書いていますが、スマホでしか見られていないブログにいくら頑張って時間を使ったところで、アクセスが増えていくだけなんですよね。

 

 

ブログで稼ぐと決めたならPro(有料)にするべきですし、しないと一生1円しかお金入ってきませんよ?

 

 

それに気付けたのは自分の力ではないですが、行動したのは自分なので結果を出していくのも自分なんです。

 

 

無謀だと思われても早く気づいて行動に移した人ほど成功も失敗も経験できますし、もし失敗しても修正する時間は気づいていない人よりあります。

 

 

決意したならあとは失敗を恐れずにやるだけ!

 

お金がもったいないから無料のままの人でも、アクセスを集める事ができているなら有料に変えるべきだと思いますし、重たい腰を誰かではなく自分が起こすことで結果を作っていけますし、それが本当の楽しさだと気づけました。

 

 

何かを判断して行動するのは正直めんどくさいかもしれませんが、一生誰かの会社で働く事の方が自由はないし、時間も拘束されるので僕は今はできても一生は嫌です。

 

 

楽して生きていけるなんて考えていませんが、覚悟を決めた以上はそうなる為に1日も早く行動して色んな事にチャレンジします。

 

 

危機感がないと説得力も半減される?はてなブログProに変えた心境と決意のまとめ

 

はてなブログProに変えて最初の記事なのでまだまだ文章も読みずらい点が多々あると思いますが、これからもっと危機感を持って同じような人を1人でも多く理解してもらえるように新しい気持ちで頑張ります!

 

 

自分で稼げる力を身につける事がどれだけ厳しい事なのかも理解しきれてませんので、なめた発言などあるかと思いますが、ご指摘などありましたら嬉しい限りです。

 

 

最後まで読んで頂きありがとうございます!

ではまた。