読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

イノブログ

主にはてなブログ関連の記事を書いていますが思いつきでニュースやブログスキルアップなどの記事も書いているブログです。

ブログでネタがなくなった時に記事を書ける人と書けないひとの違いとは?

ブログ記事の書き方

f:id:inoblog:20160204181347p:plain

 

ネタがなくなる人の特徴は?

 

ネタがなくなって嘆いている方は、単純に勉強不足か記事自体をかっこよく作ろうとしている人です。ですが毎日数記事書いている方もいらっしゃいますよね?

ブログ記事を毎日更新するのは更新する方が、より自分の為になるのはこちらにも書いています。

inoblog.hatenablog.com

 

ネタがないのがネタになりますよ?

 

ネタがないって悩んでいる人は、思いのほかたくさんいるんです。僕も何を書いたらいいか毎日悩みながら書いています。

 

 

本当にネタがないと思い込んでいるなら、まずはどうやってブログを書いてきたからネタがなくなったのかを記事として書いてみてはどうですか?

おそらく同じ悩みをたくさん抱えている方からすれば読みたくなる記事に仕上がるでしょう。

 

 

f:id:inoblog:20160204180724j:plain

 

ネタがなくなった時にでも記事を更新できる人は?

 

先程も書きましたが、ネタがたとえなくなったと思い込んでいたとしても、ただの思い込みにすぎないのです。

 

 

ネタなんていくらでもありますし、何でも好きな事を書いていけるのが記事を更新できる人です。

 

 

難しく考えると本当に何も書けなくなって、やる気がドンドンなくなっていきます。

そうなってくると変に病んでしまったり、諦めてしまうのがほとんどです。

 

 

ネタを考える方法を変える

 

僕は普段ブログのネタを考える時は、こちらを使うか毎日更新されているブログを読んでネタを考えています。

急上昇ワード ピックアップ - Yahoo!検索データ

 

 

やはり思想論とかばかりでは飽きてきますし、自分で書いていても飽きてきそうになるのでたまにトレンド記事を書きつつ、自分の勉強がてらまた思想論を書いていってます。

 

皆さんそれぞれやり方は違うでしょうし、考え方も色々ありますがネタがないと思い込まないようにする方法としてスタイルを変えるのもありですね。

 

 

タイトルや中身を少し変えた記事を書く

inoblog.hatenablog.com

 

こちらのも書いていますが、記事が多くなればなるほどネタがなくなっていくと思いがちですが、全くのコピーでない限りは自分への再確認だと思ってもう一度書いてみることです。

 

 

すぐ同じような事をすれば全く同じになるので、少し時間をあけるか自分の書き方が成長できたと感じた時に書いてみると、より理解が深まります。

 

ブログでネタがなくなった時に記事を書ける人と書けないひとの違いとは?のまとめ

 

書ける人と書けないひとというよりは、プラス思考かマイナス思考かという方が分かりやすいのかもしれませんね。

 

 

僕はブログを始めるまでは、どちらかというとマイナス思考側の人間でしたので人生を楽しめていませんでしたが、ブログに出会えてからは勝手にプラス思考になってきていると感じますし、それが読者の方々に通じているからこそ、もっと上を目指すことができています。

 

 

いい記事かどうかなんて自分でわかりませんし、正直アップしない事にはアクセスすらないので、どんなにネタがないと嘆いている事がもったいない時間かを考える事ができてまた一つ成長できました。

 

 

最後まで読んで頂きありがとうございます!

ではまた。