読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

イノブログ

主にはてなブログ関連の記事を書いていますが思いつきでニュースやブログスキルアップなどの記事も書いているブログです。

サッカーオリンピック予選優勝の放送後一発目のCMがすごい!

f:id:inoblo
g:20160131165735j:plain

 

念願の宿敵韓国を撃破した日本!

サッカーオリンピック予選で日本が念願の宿敵韓国を3-2で撃破しました。

 

前半は韓国ペースでゾーンプレスも激しく、裏にスぺースがあるのをわかっているにも関わらず、なかなか突破口を見つけることができずに圧倒され続けて1点入れられました。

 

前半は1点で抑えられたのが奇跡なぐらいの韓国の猛攻でしたので、まずは一安心…と思っていたら、後半に入ってそうそう韓国に追加点を決められました。

 

あれだけ土壇場で勝ってこれたけど、今回ばかりは正直韓国の異様な覇気が(おそらく覇王色の覇気)すごすぎて後半の追加点を決められた瞬間に「終わった…」と思いつつも最後まで応援しようと見ていたら、先ほどまでの韓国の覇気が薄れてきている?と感じとれるぐらいミスも目立ちトーンダウンしました。

 

f:id:inoblog:20160131171739j:plain

 

一方日本はこれを待っていたかのように浅野を投入した瞬間からガラッと攻撃モードに切り替わりあれよあれよと同点まで追いつきました。

 

延長にいく感じもしていましたが、ここで決めきらないと、また韓国の覇気が戻る可能性も感じていたので「何とか決めてくれ!」と同僚とテレビに向かって願っていました。

 

日本の後半22分からの逆転劇!

 

日本の逆転劇は後半22分の浅野拓磨のゴールから始まりました。

 

その1分後の後半23分には矢島慎也がヘディングでゴールを決めて同点に追いつくと、韓国サイドは焦り始めて完全に日本ペースになりました。

 

お互いの選手の足が痙攣をおこしながらも交代枠を使い切っているので、なんとか同点で延長か?それとも追加点を決めて逃げ切るか?とむかえた後半36分に、ここしかないというトラップの上手さと、これを決めなければ!と皆が思った瞬間にゴールがうまれました!

 

何とも言えない興奮の中で僕は「このまま逃げ切ってくれ!」と願うばかりでしたが勝利の女神は日本に微笑んでくれましたね!

 

本当に色々批判された世代がこんなにも活躍してくれて、ありがとうとお疲れ様を言いたいです。

 

そしてここからが本題なのですが…

f:id:inoblog:20160131180249p:plain

 

日本代表が優勝してインタビューも終えて、CMに入った瞬間に僕はテレビのすごさを改めて知りました。

 

普段CMは飛ばしたりして、あまり見る機会もないですが、優勝してすぐのCMでしたので見ていました。

 

KIRINのCMで、もしかしたら関西だけだったのかもしれませんが、CM終わりのKIRINのロゴが出た時に「優勝おめでとう!とサラッと声が入っていました!

今の何!?」って思いましたが、おそらく堺雅人さんの声でした。

 

一瞬だったので聞いた人の方が少ないかもしれませんが、スポンサーの企業努力を感じました。

 

もし日本が負けていたら何もなくただCMが流れていたでしょうし、もちろん日本が優勝する事を想定してのTV局側の配慮が単純にすごい!と感じました。

 

まだまだ細かい配慮がおそらく他にもたくさんあるでしょう。

 

ですが一番有効的なCMの使い方だったのではないでしょうか?

 

気づいていた方は皆さんKIRINすごい!って思いますし、購買意欲も沸いたでしょう。

 

感じ方それぞれですし、人の感情もバラバラなので「すごい!」と思う瞬間も違いますが、少数でもそうなってもらえるように、僕のモチベーションも上がりました。

 

最後まで読んでいただきありがとうございます!

ではまた。

こちらの記事もどうぞ!

 

inoblog.hatenablog.com