読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

イノブログ

主にはてなブログ関連の記事を書いていますが思いつきでニュースやブログスキルアップなどの記事も書いているブログです。

毎日更新したとしても記事を書いている時に相手の反応を気にしてはならない訳とは?

毎日更新 ブログ記事の書き方

f:id:inoblog:20160118150058j:plain

 

皆さんいつも読んでいただきありがとうございます!

 

毎日更新を決意してからシーサーブログを含めて2か月分ぐらいの記事にはなりましたが結構最初の方に気になっていた事なんですが、やはり頑張って書いた記事の時ほどたくさんの方達に読んでもらいたいのが本音だと思います。しかし最初の時ほど誰にも記事を読まれないなんてざらですよね?もし自分の中で満足できたブログ記事が書けた時に僕が気をつけている事を少し書いていきます。

 

  1. 何を訴えたいのかははっきりする
  2. 自己満足では終わらない
  3. 仮に今までの記事が消えたとしても継続できるのか?
  4. まとめ

 

何を訴えたいのかははっきりする

相手の反応を気にしてはならないと言っても記事を書く以上は読んでもらいたいのは当然だと思いますが最初から上手くいく程甘くはない世界だなと痛感しました。その事を気にしすぎるとタイトルすら浮かんでこないし何を記事にしたらいいのか立ち止まってしまいそうになりかけました。

 

でも毎日更新となると何かしらの記事は必ず書くと決めていますので今は立ち止まる事はありません。

方法としては身近な友人や家族、自分が好きな人など誰かに伝えたい(訴えたい)思いをまずは何となく書いてみる事ですね。

 

トレンド記事となると決まった記事になりやすいし上手い人でない限り読まれる確率はビックネームになればなるほど難しくなりますが、誰かに訴える感じで書くと意外と読まれますし共感してもらえます。

 

 自己満足では終わらない

 

記事を書き終えた時に僕がよくありがちだったのが、すごく時間をかけて書いた記事ほど読み返す事をおろそかにしていました。

「自分が書いた記事なんやし大丈夫や!」とか「書いたばっかりやから覚えてる」なんて思っている事がありましたが人間過信するといいことはありません。

 

行間がおかしくて読みづらいとか誤字が多いとか長文になればなるほど落ち度が見えていきます。

そこさえ気にしていれば自然と読者に好まれる自分が書く記事ができてくるものだと思います。

 

仮に今までの記事が消えたとしても継続できるのか?

 

これに関してはメンタルの問題もありますが仮に100記事書いていたものが一瞬で消えてしまったらどうしますか?

しかも毎日更新されている方は尚更ですがそこまでたどり着いた苦労は並々ならぬのもがあると思います。

 

ですが「消えてしまったものはしょうがないからまた頑張ろう!」って思える人がようやく辿りつけるものがあると思います。

冒頭で2か月分ぐらいの記事を書いたと言っていますのでまだ100記事に到達していませんが何記事になろうが僕は気にしていません。

 

目安としては気にしてもいいかもしれませんが気にできるぐらいにまずはとことん試行錯誤しながら記事を書いていく事が大切ですね。

 

まとめ

相手の反応を気にしながら書くことも大事だと思いますが、自己満足ではなくて自分が楽しんでブログを書く事を大前提にして毎日ワクワクしながら記事を書き続ける事で反応を気にせずブログを立ち止まることなく進めるポイントの一つだと思います。

 

いつも最後まで読んでいただきありがとうございます!

ではまた。

こちらの記事もどうぞ!

 

inoblog.hatenablog.com