読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

イノブログ

主にはてなブログ関連の記事を書いていますが思いつきでニュースやブログスキルアップなどの記事も書いているブログです。

読者が増えないとかアクセスが増えないと嘆く前にまず記事の内容と人気記事との比較をしたらわかること

f:id:inoblog:20160117153925j:plain

 

皆さんいつも最後まで読んでいただきありがとうございます!

最近よく見かける記事が3か月やっても読者が増えないとかアクセスが増えないといった記事を見つけてはふと思う事があります。 

  1. 解決策や自分で悩むよりも同じように悩んでいる人はいる
  2. 自分が書きたい記事とは何なのか?
  3. 無理をすればかえって逆効果?
  4. 自分が楽しくないと読まれません
  5. まとめ

 

解決策や自分で悩むよりも同じように悩んでいる人はいる

僕も最初の頃はどれだけ記事を書くのに時間をかけようが色んなトレンド記事を書こうが全くと言っていいほど読者が増えないという状況が続きました。

そこで気持ちが折れてしまうならどうしてブログをしているのか?と自分に問いかけてみるのもありだと思うのですが他の方達も同じように悩んでは試してみてると思います。自分で限界をつくってしまってはこれからもっとすごい世界が待っているかもしれないのにもったいないですよ?

 

勝手に貼らせていただきますがこの方のブログ記事はよく読ませていただいて勉強させていただいてるので参考にしてください!

hitoribotti.hateblo.jp

 

自分が書きたい記事とは何なのか? 

 自分が読者だとして考えてみるとわかりやすいと思いますが、人気がある記事の書き方はもちろん勉強にもなりますしどうしたらこんなにアクセスが集まるのかな?とか思ったりしますが僕の経験上そんなこと気にしていたらその内コピー記事になりかねません。

読まれている記事は内容もしっかりしていますし文字数も1000文字以上は余裕で超えていると思います。

日記ならすぐ終わっているのも多くありますが記事として書く以上は1000文字以上を意識して書くといずれ読み応えのある記事に自ずとなっていくと思います。

自分が書きたい記事が思い浮かばないならその事を嘆くのではなくてどうして浮かばないかを1000文字以上目指して書いてみるのもいいかもしれませんね。

 

 無理をすればかえって逆効果?

単純に1000文字以上の記事を1日3~5記事書けば読者もアクセスも内容さえ注意すれば勝手に増えていくと思います。

後は貼らせていただいた記事にも書いてますが自分で売り込んでいけば必ず誰かは共感してくれて読者になっていただけますしアクセスも増えます。

何もなしに増えることはまずないですが僕の場合で言うと昼間は普通に働いているので休憩時間を使うか仕事が終わってから作業をしていますのでなかなか1日多くの記事を書くのは難しいです。

ですが無理をすればかえって逆効果なんです。

例えば、夜通しで記事を量産すれば昼間の仕事に差し支えが出ますし眠たいながら書いた記事は誤字脱字が多いなど人によって様々ですが無理をして体調が悪くなって記事が書けなくなるよりは無理をせずに自分のペースで記事を書いた方が長続きしますよ。

 

自分が楽しくないと読まれません

記事を書く事自体を自分は楽しいと思って書けていますか?

僕もそうなる時がありましたが、記事を書く事に満足してしまって書いた記事を読み返す事をあまりしなかった時期がありましたが今思うとそのころはブログを書く楽しさが理解できていなかった部分もあり記事自体の反応もあんまりでした。

でも自分が楽しいと思える記事でない限り読者が読むはずがないですよね?

「次も読んでみたい!」とか「なるほど!」って自分が楽しく思える記事が書けたら最高ですね。

 

まとめ

やり始めは今は人気のブロガーさん達も一人も読者もいなければアクセスもない状態からのスタートなので自分のペースを維持して記事を書いていけば少しずつでも読者もアクセスも増えていきますし最初さえ我慢できればブログがもっと楽しくなるのは身をもって体験している最中なのでこれからの未来が楽しみでしょうがないです。

気長に楽しくやるのも一つではないでしょうか?

 

皆さんいつも最後まで読んでいただきありがとうございます!

ではまた。