読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

イノブログ

主にはてなブログ関連の記事を書いていますが思いつきでニュースやブログスキルアップなどの記事も書いているブログです。

京都7億円マンションが即日完売?高級億ションに関東勢もビックリ!

f:id:inoblog:20160109170857j:plain

 

皆さんいつも読んでいただきありがとうございます!

 

京都市内で最高7億4900万円もするマンションが京都市上京区、京都財務事務所跡地に地上5階・地下1階建てで2017年3月に完成するというのです。

 

値段聞いただけで誰が買うの?ってなりますよね。

f:id:inoblog:20160109171525p:plain

 

しかし第一期の販売が即日完売したそうなんです…お金持ってる人は持ってますね。

マンションでこれだけの値段なんて聞いたことありませんよね。

京都の夏の風物詩「五山の送り火」の一つ「大文字」を正面から望むことができるみたいで鴨川ぞいにあり好立地だそうです。

では、何でこんなに高いの?って思ったので少し調べてみました。

 

  1. 26戸ある内13戸が1億円超
  2. 抽選倍率最高5倍
  3. 購入者の割合
  4. 京都ならではの特殊性
  5. まとめ

三菱地所レジデンスの新築分譲マンション「ザ・パークハウス京都鴨川御所東」は発売予定戸数75戸のうち2015年12月に第一期分の26戸が完売されました。

分譲価格4180万円~7億4900万円で13戸が1億円超えなんです。

 

値段の幅がものすごい事になっていますが抽選倍率も平均が1.69倍で高かったのが3億2900万円(3LDK)の5倍、3億7900万円(3LDK)が4倍もあったそうです。これだけの値段でも競争があることにびっくりですよね。

 

ちなみに西日本最高価格の7億4900万円の住戸は、広さ約287平方メートルで(3LDK)の間取り。一坪約400万円にもなるとさすがに申し込みは1件だけで即売されたそうです。

 

第一期の購入者の割合は、東京在住の人が3割で最も多く京都の人は2割で関東にやや押されている感じですね。年齢別では50代が4割、40代が2割、30代も1割です。

 

全員日本人かは公表してないですが企業の経営者や医者、弁護士などの富裕層が多かったみたいです。

 

しかも東京在住の富裕者の人達は京都観光用の「セカンドハウス」として利用するケースが多いそうです。

なかなかのお金持ちしかできない事ですよね…

 

ではこんなに高くても購入する理由が気になるところですが、京都は歴史的建造物が多く残っていて道路が基盤の目状になっていて京都ならではの風情があります。

基盤の目と言われるエリアが2007年に京都市の「新景観政策」によって高さ制限が強化されて以降新築分譲マンションの値段が上がりました。

 

セカンドハウスとしての需要が多いこともあり価格は際限なく高くなってきているそうです。

 

一番の基準は「気軽に行ける場所だそうです。

たしかに新幹線で出かけられて降りてもそう遠くないし気軽さはあるかと思いますが、好んでセカンドハウスを買う人の思想には僕はまだ追いついてないし追いつこうとも思いませんが見るからにすごさは誰しも分かりますよね。

 

まとめ

 

まだ残っている部屋も即完売になるでしょうしお金持ってる人はどんどん使っていただいて日本を潤していただきたいなと思いますね。

僕も頑張って少しでも近づけるよう頑張ります!

お金持っても使い道がわからなければ無駄遣いするだけですが…

 

 

いつも最後まで読んでいただきありがとうございます!

ではまた。