読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

イノブログ

主にはてなブログ関連の記事を書いていますが思いつきでニュースやブログスキルアップなどの記事も書いているブログです。

ブログを1000記事書こうとしてるのに何度も記事を消してしまった話

ブログスキルアップ ブログアクセスアップ ブログ記事の書き方

f:id:inoblog:20160705110748j:plain

ブログを1000記事書くことは、初心者ブロガーから卒業するためにも必要なことだと言われていますよね。

 

有名なブロガーさん達は一般人だった僕からすると1000記事程度の記事数は余裕で超えてらっしゃいます。

 

1000記事ブログを書くにはそれだけ時間もかかりますし、それだけネタも豊富にないと書けない数字ではあります。

 

それだけはわかっているにも関わらず、やっぱり僕はまだまだ初心者なので1000記事までただひたすら書き続けようとしているのに何度も記事を消してしまいました。

 

なぜ自分の大切な時間を使って書いた記事を何度も消してしまったのか少し書いていきます。

 

アクセス数を増やすために必要なことだと思ったから

主に自分がブログを書いていく上で勉強不足なことが引き起こすんだと思いますが、ブログを書けばそれなりにアクセス数は上がります。

 

そのまま記事を書き続ければいいだけと思って、ひたすら特に何も考えずに記事を書いて更新してきました。

 

「記事を消したらアクセスが伸びた!」という記事と、その時にちょうど自分がアクセス数をもっと増やしたい!という思いがマッチしてしまったんですね。

 

そして1回目の過去記事を消すということを結構してしまいました。

 

しかも20記事ほど消してしまったので、当時僕は毎日更新を1記事以上していたから単純に20日もの時間を無駄にした事になります。

 

そこでもう過去記事を消すのは辞めようとしたのにも関わらずまたまた記事を消してしまいます。

 

規約違反に触れそうな記事は削除した方がマシだと判断してしまった

1回目に過去記事を消したのは後々後悔もしたので、もう二度と過去記事を消さないと心に誓ったのもつかの間でした。

 

突如現れたのは規約違反という何とも初心者にとっては恐ろしい文字…。

 

ちゃんと規約違反を読めばわかる話ですが、僕は説明書とか読むのが苦手で読むよりもまずやるタイプの人間ですので全く理解できませんでした。

 

おそらくこれは怪しいのかもと思った記事を今度は3記事ほど消してしまいました。

 

規約違反だからと運営側に言われた訳でもないのに自分が勝手に消してしまったんですが、本当に後悔の日々は続きます。

 

はてなブログも厳しくなってきているけど

はてなブログも相次いでブログを閉鎖したり、ワードプレスに以降する人が増えてきていますが、ブログを1000記事書くまでは決して消さない方がいいのだと改めて感じる事ができました。

 

はてなブログが厳しいくなってきてると思って他に以降したとしても、過去記事を簡単に消したりできる僕には更新しつつ勉強していくしかないでしょう。

 

これしきの力ではどこに行っても挫折するだけでしょうからね。まだまだ精神力が未熟過ぎます。

 

1000記事書くのにペースを気にしていられない

まだ500記事にも達成していないこの「イノブログ」ですが、1000記事を書くのに1000日かける人もいれば、半分の500日で達成する人もいると思います。

 

そのまた半分とか言い出すとキリがありませんが、5ヶ月で1000記事を書いたポジ熊さんのような方もいらっしゃいます。

 

尊敬しかありませんし勉強にもさせていただいてますが、ペースなんてそう考えると気にしている暇なんてないんですよね。

 

ただ「書けばいいや」と思っていたこのブログも、200記事も超えてくると書き方も少しずつではありますが変化していると思います。(自画自賛)

 

おかげさまで平均のアクセスも始めた頃には想像もできなかった数字になってきたと思いますので、やはり継続して過去記事は消さない方がもっと結果に繋がるのだと感じた今日この頃でした!

 

上手くまとまってませんが、いつもの事なのでこの辺で。

 

 

最後までお読み頂きありがとうございます!